カルトナージュに必要な道具たちをご紹介します♬

  • LINEで送る

こちらの記事では、カルトナージュをするときのお道具類についてまとめてみたいと思います。

カルトン(厚紙)とケント紙(コピー用紙でも可、カルトンが両面白の場合は必要ないです)と布や装飾類は除いてご紹介していきますね。

カルトナージュには特別な道具が必要?

結論から言うと、一般の方が手に入れるのが難しいものはありません。金額的にも、高価なものはないのでご安心ください♡

もちろん、刃物などの道具はピンキリなのでこだわればお高くなるということはあるのですが、私自身は生徒さまにもご案内しやすいようなものを使いたいと思っていますので、お買い求めいただきやすいものばかりだと思います♬

 

とにかく絶対必要★★★な7つ道具はこちら


1.カッター

これはもうナンバー1必需品といって良いでしょう。厚みのあるカルトンをカットするときに安定して力を入れやすい太いタイプのカッターです。

私の愛用はScotchのもの。グリップ部のゴムが握りやすく滑りにくい、そして力を入れても指が痛くなりにくい♡また、左利きの方がいらした時用に、両利き用のものも用意しています。一番シンプルなOLFAのものは生徒として通っていたときに使っていたもので、これは刃をしっかりダイヤルで止めることができるので万一手があたったりしても危なくないですね。

ちなみに刃はOLFAのチタンのものを使っています。切れ味抜群!

 2.カッターマット

カッターを使うとなればお供に必要なのがカッターマット。自分で使う時用の大きいタイプと、レッスン時に複数名さま分セットできる小さいタイプを揃えています。

 3.定規

定規は、カッターを使っても大丈夫な金物もしくはアクリルの場合はカッター用に金属が入っているものを使用します。L字型のタイプは直角の確認にあると便利です。

ミリ単位の製図をすることが多いので、端が0になっているものが◎

 4.シャープペン

これは製図用です。製図用のシャープペンなどこだわればいくらでもよいものはあるでしょうが、私の使っているのはカインズホームで購入したシャープペンです(笑)

 5.工作用はさみ

はさみも今はロフトやハンズなどにいくとテープがつきにくいものや、布にも兼用で使えるものなど、た~くさん並んでいますよね!これは使いやすいお好きなもので問題ありません。

私がレッスン用にまとめて揃えているのはこちらもカインズホームで購入したものです。白で揃えたかったんです。が、なかなか使いやすくて気に入っています♡

 6.ボンド

ボンドは、カルトナージュ専用のものも売っていますが、シャンブルーズでは木工用ボンドを使用します。大量に使うのでストックしておくのに場所を取りにくく便利なのでアプリパックを愛用していますが、ご自宅で揃えるのなら普通に売っているボンドで大丈夫です♬

 7.刷毛

ボンドの相棒は、刷毛。ホームセンターなどで手に入れられますし、豚毛など素材も色々、お値段もピンキリですが、オススメは100均のこの刷毛(この刷毛をオススメされているカルトナージュの先生多いと思います)!細かいところを塗ったり、水貼りテープに使う小さいものと両方まとめ買いしてあります。

刷毛は基本的に消耗品なので、傷んできた時にスパッと捨てられるというのも利点ですが(笑)何より適度なコシがあって使いやすいんです♡

 

あると便利★★☆なのはこんなもの


1.裁ちばさみ

布の裁断にはやはり専用の裁ちばさみが便利です。

ちなみに私の愛用品は小学生の時祖母からもらったもの。やはりいいものは長くいい仕事をしてくれます。

 2.手芸用はさみ

カーブ部分を貼り込むときや角の細かい部分の布処理に、あると便利です。

私はクロバーの手芸用はさみと、黒い方はタッセル用と兼用で使っています。

 3.水貼りテープ(クラフトテープ)

クラフトテープとも言います。切手のように片面に糊がついていて、水を付けると接着します。組立の際の補強としてカルトナージュではよく使います。

 4.ヘラ

布を接着させる時や角の部分をしっかり出す時などに欠かせません。ハンズやホームセンターで簡単に購入できます♪

きれいな仕上がりを目指したくなったらぜひ一つ購入して使ってみてください。

 5.先細ボンド

装飾のブレードやパーツなどをつけるときにあると便利です。速乾タイプだと完成が早く使いやすいです。

 6.布用ボンド

私は使っていないのですが、ほつれ止めなどにも使える布用ボンドも、手芸店などで手に入ります。

 7.メジャー

円形のものを作る際にはやはりメジャーがあると便利です。

 8.クリップ

円形の組み立て時や、布の接着時に押さえておくためのクリップです。ダブルクリップでも◎

 9.鉛筆

布に製図するとき用に濃い芯の鉛筆を用意しています。消えるチャコペンなどもありますが(これも用意していますが)、鉛筆は何かと使い勝手がいい、というのが私の結論です(笑)

 10.ボンド用マット

これは単に机が汚れないようにするためのものです。使い捨てで紙でもOKですが、その時は広告や雑誌のようなつるっとした紙の方がくっつきにくくて良いかもしれません。

レッスン用には、ランチョンマットを使っています。ちなみに、机の上にはIKEAで購入できる透明のデスクマットを敷いて、そこを作業スペースという感じにしています。その上に、カッターマットやボンド用マットを敷くことでより衝撃や汚れに強くなっています♬

 

道具を全部揃えたら、これがあると更に快適になるオススメ品★☆☆


1.ポキ

ポキって言われても、って感じだと思いますがこれが正式名称なんです(笑)

カッターの刃を安全に折ることができて、折った刃も折ったそのまま入れておける便利なポキ♡数百円なのであって損はありません。

 2.ロータリーカッター

布やキルト芯などのカットが簡単にできるカッターです。まぁ、はさみがあればできない仕事ではないので、星一つ、という感じでしょうか。

 

番外編:実はこんなものもあります


1.ディスクカッター(裁断機)

カルトナージュをコースでご受講いただく生徒さまには、やはりまずはご自分の手でまっすぐにカルトンをカットすることを習得していただきたいですが、ご自宅で少しでも作業を少なく・簡単に…そんな時の必殺技がこちらのディスクカッターです。

2ミリ厚のカルトンも2往復くらいでカットできるので、大量にパーツがいるときや複数個同じものを作りたい、そんな時にはとても便利。

ただ、もちろん(?)カーブはカットできないですし、例えば長方形から小さな長方形をカットするとき余りの部分を綺麗にL字型のまま残すというようなことはできません(カルトンのロスが出がちです)。また、ご自宅でちょっとやってみたい、というような場合にはお値段も高いような…(笑)なのでこれはあくまでも番外編ということで。

 

色々とご紹介しましたが…

日本ホームスタイリング協会のコースをご受講いただく方にはスターターキットとしてお道具類がセットになったものをお渡ししているので、ご自分で揃えるものはほぼありません(アドバンスコースに進まれる際にはいくつかご自分の使いやすい物を揃えていただきます)。

ご自分で揃えるのは面倒だな~という方でも安心のコースになっているのでどうぞご検討くださいね♡

最新情報はこちらからご確認いただけます↓
資格取得コースレッスンの詳細はこちらからどうぞ↓

 

 

お問い合わせはこちらからどうぞ↓

※通常24時間以内の返信を心がけております。万一、2日以上経っても返信 のない場合は送信状況をご確認の上お手数ですが再度送信していただきますようお願いいたします

Instagram
↑インスタはこちらから♡フォローお願いいたします♡

友だち追加
↑最新情報が届きます♡ご予約・お問い合わせもこちらから簡単にしていただけます♪

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA